>  > アクセントとして、風俗が一番だと思っています

アクセントとして、風俗が一番だと思っています

生活にアクセントをって思った時、風俗が一番かなって思っています。単調なリズムの毎日ではさすがに飽きて来るものじゃないですか。時には刺激を求めたくなるのが人情ってものだと思いますし、刺激によって日常生活を頑張ろうって気持ちにもなっていくと思いますので、何気に結構大切なことなんじゃないのかなって思っているんですよね。もちろん風俗以外にもアクセントになってくれるものは沢山あると思うんですけど、自分にとっては風俗くらいなものなので、時には風俗で女の子に甘えて刺激や非日常感を楽しむのもありなんじゃないのかなって思っています(笑)それに風俗には本当にいろんな女の子がいます。「非日常」「刺激」と言ってもそのバリエーションはかなり豊富だと思うんですよね。それだけに、風俗で遊ぶ時には自分でもいろんな気持ちで胸が膨らんでいますので、それらを含めてもやっぱり風俗の存在は決して小さなものではないんじゃないのかなって。

とりあえず、一枚は持つようになりました

それまではどんなシチュエーションでも現金で会計していましたけど、最近はとりあえず財布に一枚クレジットカードを入れるようになりました。そのきっかけは風俗だったんですよ。風俗で遊ぼうかなって思ってお店まで行って、フロントとあれこれ話してお会計ってなった時、財布の中にお金が入っていないことに気付いたんですよ…。顔面蒼白でしたよ(苦笑)お店の人から「クレジットカードも使えますよ」と言われたんですけど、自分自身あんまりクレジットカードを使わないというか、そもそも現金主義だったのでクレジットカードは財布に入れてなかったんです。だからその時はあれだけフロントに値引きを要求するなどしたのに、結局遊ばなかったんです。だからそれ以来、もしもの時のことも考えて財布に一枚クレジットカードを入れておくようになりました。風俗以外に使うことはないと思いますけど、とりあえずクレジットカードさえ持っていれば困らないんじゃないのかなって。

[ 2018-03-23 ]

カテゴリ: 風俗体験談